株式トレードにおける株価予想の立て方や、配当に関する考え方などの基本から、大手の株式上場企業に関する情報をお届けいたします。新しい情報が入り次第、随時更新してまいります。

アールビバン・王子HG・大塚ホールディングスの株価

株価の動きは、チャートを見てみると、これまでどのゆに値動きがされてきたかよく分かります。チャートの横の幅、つまり時間軸を長くとっても短くとっても、明確になります。下げ相場なら下がり気味であり、上げ相場ならば上がり気味にうつります。ところが、チャートの右端、未来のことは誰にも知る由がありません。予想をする人はいますが、それはあくまでも予想です。これから先は、どのように分析をしようとも、ある程度のギャンブル性は残るものです。インサイダー情報を知っていれば話は変わりますが、我々一般投資家にとって、入手しうる情報のみを持って分析するものと仮定します。
では、株をする際に、どのように資産を配分すればいいのでしょうか。株式投資をする手法として、積極的な投資方法と消極的な投資方法があります。積極投資方法は、少ない銘柄、ときには一つの銘柄に集中して資産を投入する方法です。将来上がると確信しているからこそできることであり、あまり素人向きとは言い難いものです。それに対して、消極的投資方法とは、複数の銘柄に分散してポートフォリオを形成することを言います。この方法を使えば、たとえ一つの銘柄が崩れようとも、他の銘柄により損失をカバーすることができ、資産の目減りをリスクヘッジする効果が得られます。ポートフォリオは、値動きが異なるものを選ぶことで、リスクをヘッジさせることができます。アールビバンと王子HGと大塚ホールディングス大塚ホールディングスはともに異なった動きをしており、これらを組み合わせることで、リスクを回避したポートフォリオを形成することができます。これはあくまでリスクを回避するためのもので、必ずしも儲かるわけではないことを覚えておいてください。